スーパーホテル 支配人・副支配人募集:A.T.さん・A.T.さん

INTERVIEW 01

学ぶ環境が整っていて報酬まで
いただける制度。思い切って
挑戦してよかった!

スーパーホテル新横浜

支配人A.T.さん33歳

副支配人A.T.さん32歳

― スーパーホテルのベンチャー支配人制度(Super Dream Project)を知ったきっかけは?

支配人:私はもともと北海道の出身で飲食関係の仕事に携わってきました。家を買ったということもあり道内で仕事を探していたのですが、ステップアップのためにもっとさまざまな世界を知ろうと思い、ネットの転職サイトに登録したんです。なかなか求人ではみかけない内容だったので興味を持ち、詳しくお話を聞くことになりました。

― お話を聞いてすぐにチャレンジしようと決めたそうですが。

支配人・副支配人 画像

支配人:そうですね。ピンと来たというか(笑)。話を聞くうちに、ホテルの経営を学びながら報酬もいただける。こんな素晴らしい話ならぜひとも挑戦したいと思いました。説明は私ひとりで聞いたのですが、家に帰ってすぐ副支配人に「研修で大阪に行くから準備しよう」といいましたね(笑)。

副支配人:転職活動をしているのは知っていましたので、働いていた会社にはすぐに退職届を出して、私もすぐに準備をはじめました。支配人が見つけてきた仕事ならば大丈夫だろうと思いましたし、もし、失敗しても2人でやり直せばいい。チャレンジしなかったときの後悔の方が大きいと思いましたね。北海道の自宅もそのままにして、出発しました(笑)。

― 50日間の研修で印象に残っていることは?

支配人:よい意味で想像と違いました。支配人の研修ということで厳しいものをイメージしていたんですよ。そこに耐えてこそみたいな(笑)。実際は180度違っていて、恐縮するほど丁寧に教えていただきました。

副支配人:そうですね、イメージしていたよりも丁寧な研修でびっくりしました。研修ではさまざまな気づきがありましたね。

― さまざまな気づきの中で印象に残っていることは?

支配人 画像

支配人:スーパーホテルの理念が徹底されているということですね。とても勉強になったのはフェイスアップの大切さです。もともと在籍していた会社も理念を大切にしている会社だったんですが、なかなか理念というのがほかの社員に伝わらないんですよね。私たちの研修先は天王寺の店舗だったんですが、アルバイトやパートの方も理念をしっかり自分の言葉に変えて行動としてアウトプットできている。自分と比べて恐縮ですが、私はこういう風に人を育てられていたのかなと複雑な気持ちになりました。

― 実際の店舗で働き始めて、仕事の役割はどのように分担されているのですか?

支配人・副支配人 画像

支配人:私たちは仕事の役割を分担しています。それも支配人、副支配人に任されていて、役割を重ねてお互いをフォローしている店舗もあります。もちろん私たちもフォローをし合うんですけれど。基本的に強みが違うので。

― ちなみにそれぞれどういう役割分担をされているんですか?

支配人:私がマネジメント経験もあるので数字をメインに担当しています。副支配人には業者の窓口などを担当してもらっているんです。副支配人は接客が好きで、私にはないやわらかい空気がありますので、そういった自分にはない部分ですとか、自分より長けているなという部分は副支配人に任せていますね。

― 休みや休憩時間はきちんと取れていますか?

支配人:休憩もきちんと取れますし、休めるときは休ませていただいています。スタッフをしっかり育てて仕事を任せられれば自分が休む時間も作れるんです。そこができないと、きっと休めないと感じてしまう方もいると思いますね。

―スーパーホテルの経営で大切にしていることは?

副支配人 画像

副支配人:お客さまの記憶に残ってもらうにはどうしたらよいか。お客さまの期待を上回り感動していただくためにはなにができるかを常に考えています。朝食には焼きたてのパンを出すとか、ひとつでもお客さまの記憶に残れば、つぎに迷ったときに選択肢としてスーパーホテルを思い出していただけるかもしれませんので。

― アルバイトやパートの方の採用から育成についてはどうされているんですか?

支配人:面接から採用まですべて任されています。採用後のトレーニングに関するマニュアルはスーパーホテルから支給されるので助かっていますね。学生の方で接客のスキルを身につけたいからとアルバイトにくる方もいますよ。つい最近大学を卒業された方で、航空系の会社に採用が決まっていて、就職する前に接客のスキルアップをしたいということで勤めていた方もいました。

副支配人:見本にならなければいけないというプレッシャーもありますね(笑)。気が抜けないところでもあり、やりがいがあるところでもありますが。すごい学歴が書かれていたりするのでドキドキしちゃいますね。

支配人:結局は人と人なので、どんな方がきても自分も学ぶ部分がありますし、学んでいただくこともありますが、そこをくみ取っていただけない人は採用しないです。
あと、調和というか空気というか、私は作業力というのはあまり見ていなくて、仕事に対しての取り組み方を評価します。作業というのは慣れなのでやっていればできるようになりますが、それで天狗になってしまうタイプか、周りの人と仲良く謙虚にやっていく人かを1番見てますね。

― 2020年4月から新横浜の店舗に着任しました。

支配人:副支配人: 新横浜のスーパーホテルでは部屋数が前店舗の倍以上になりました。スタッフ人数も大幅に増え、大変な部分もありますが、とてもやりがいがあります。初めて経験することも多くありますが、楽しみながら目標達成に努めます。

支配人・副支配人 画像

― 今後の目標について教えてください。

支配人:もちろんスーパーホテル側から「これからも頼むね」といってもらわないといけないですけれど8年はやりたいなと思っています。この先、独立してなにか商売をするにしても資金のことを考えると8年は必要かなと。学びの環境が整っていて報酬も得られるこんな素晴らしい環境はないと思いますね。

副支配人:私は支配人をこれからも支えていければよいなと思っています。支配人の夢は私の夢と言えるよう、伴走したいと思っています。